« 群馬県吾妻郡草津町草津温泉「町営の湯」 | トップページ | 群馬県吾妻郡草津町草津温泉「恵の湯」 »

群馬県吾妻郡草津町草津温泉「こぶしの湯」

草津シリーズ4回目です。草津の街から一番離れている共同湯です。

先程の「町営の湯」とは趣きが異なり、外観は和風の作りになっています。ここも草津の共同湯と同じく内風呂のみですが開始時間まもなくの入場なのか温泉湯は可也熱くて出たり入ったりの繰り返しをしながら入浴しました。

前回までの個性的な共同湯と比べるとここの印象は薄く感じます。
(泉質:酸性-硫酸塩・塩化物温泉、源泉:万代鉱)

20040919101658.JPG
外観

20040919101830.JPG
浴槽

草津温泉公式サイト

« 群馬県吾妻郡草津町草津温泉「町営の湯」 | トップページ | 群馬県吾妻郡草津町草津温泉「恵の湯」 »

コメント

てへ・・・
ここは入浴・・あっ違った。
未踏でした。

草津はよく「真っ白な湯」を想像する人が多いですが 
あれはやはり「湯の花」の色の影響でしょうか?
会長は どう思われますか?

献上の湯も 真っ白じゃないから・・・

いえね 入浴所でおばちゃん連中が
真っ白じゃないから 薄めてるって
騒いだものですから・・・

あの入浴剤事件がきっかけかも知れませんね

会長です!

草津は白いイメージ有りましたが、今回訪れた共同湯全て透明だった記憶が有ります。(地蔵の湯、白旗の湯は未見です)
透明なのは、もしかするとそのまま源泉使うと源泉のパイプがつまるので濾して?各共同湯に配布しているのかもしれませんね。

例え濾していたとしても源泉そのものが変わって居なければ問題ないと思ったりします。
無料で共同湯開放して頂けるなんて草津の湯量の豊富さ、懐の深さを感じたりします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 群馬県吾妻郡草津町草津温泉「町営の湯」 | トップページ | 群馬県吾妻郡草津町草津温泉「恵の湯」 »

リンク

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ