« 大分県別府市亀川温泉「望潮温泉」 | トップページ | ひと休み その10 »

大分県別府市「市の原温泉」

ここは地元経営の共同湯で近くのコンビニで入浴券を購入してから共同湯に入る仕組みです。そのコンビニで可愛い女性店員から入浴券を購入して私は鬼モードでお仕事に入ります。

共同湯は先の望潮温泉程では有りませんが木造作りになっています。その風情は何となく昭和に戻った感じでも有ります。その浴場の広告見れば判ります。

浴場は3・4人入れば一杯な正方形の浴槽です。飲泉すれば弱い塩味がして飲み易い感じです。当然掛け流しで共同湯らしい風情も有ってのんびり出来ます。

入浴中、地元の方が入ってきて「石鹸持って来たかい」など冗談飛ばして話していますが目が本音ではないだろうかと思います。ここも別府88湯の対象になっており、マナーの悪い外来の入浴客をからかったのだろうと思います。

私は地元の方と世間話しながらしばらくそこに居ました。昭和の匂いがするこの共同湯、何度行っても良いでしょう。
(泉質:ナトリウム塩化物泉)

20040813175430.JPG 
市の原温泉の外観

20040813175454.JPG 
拡大図(広告)

20040813175542.JPG 
市の原温泉の浴槽

20040813175616.JPG 
市の原温泉の温泉分析表

住所:大分県別府市新別府7組

« 大分県別府市亀川温泉「望潮温泉」 | トップページ | ひと休み その10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大分県別府市亀川温泉「望潮温泉」 | トップページ | ひと休み その10 »

リンク

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ